投稿日:2023年9月5日

お風呂リフォームの豆知識!浴槽の素材と特徴

こんにちは!
水回りリフォームや給排水工事、下水切替工事などの業務を手掛けている、みとや殖産株式会社です。
弊社は、愛知県弥富市を中心に、愛西市や津島市など愛知県・三重県・岐阜県で活動しています。
お風呂リフォームを考えている方の中には、「浴槽にどんな素材を取り入れるといいのかな?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「お風呂リフォームの豆知識!浴槽の素材と特徴」をテーマにご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

浴槽に使用される主な素材

バスタブ
浴槽に使用される素材は、主に6種類です。
それぞれの素材について、詳しく見ていきましょう。

FRP(繊維強化プラスチック)

浴槽の素材として、一般的に最も使用されているのがFRP(繊維強化プラスチック)です。
低コストで浴槽がつくれることに加え、高い耐久性と防水性を持っています。
また、豊富なデザインの浴槽が展開されているため、好みの浴槽を選びやすいこともFRP(繊維強化プラスチック)の特徴です。

ホーロー

ホーローとは、金属の表面にガラスを焼き付けた素材のことをいいます。
金属でできた素材のため、高い保温性があります。
また、ガラス面であるため、汚れやカビに強いことも、ホーローのメリットです。
ただし、ホーローは修理ができません。
そのため、壊れてしまった場合には、買い替えが必要です。

ステンレス

ステンレスは、耐久性が高く、さびにくい素材です。
傷がつきにくいため、きれいな状態を保ちやすいことがメリットとして挙げられます。
ただし、カラーステンレスには、塗装が剥げやすいといったデメリットがあります。

大理石

高級素材として有名な大理石。
天然の大理石を用いてつくられた浴槽もありますが、近年では樹脂でつくられた人工大理石も人気です。
人工大理石は、天然に近い高級感を演出できることに加え、優れた機能性を持っています。

タイル

タイル張りの浴槽には、高い耐熱性と耐久性があります。
また、タイルの張り方で大きく印象が変わることが特徴です。
ヒビが入った際にも補修しやすいといったメリットもあります。
ただし、デメリットとして、タイルの目地からカビが生えるなど、メンテナンスがしづらいことが挙げられます。

木材

浴槽には、ヒノキなど木材で製作されたものもあります。
天然素材を用いた温かみのあるデザインが特徴です。
一般的に、カビが生えたり、手入れに時間がかかったりといったデメリットがある木材ですが、近年では、特殊コーティングを施された浴槽専用のヒノキもあります。

お風呂リフォームはお任せください

電卓
お風呂リフォームやキッチンリフォーム、トイレリフォームでお困りの際は、みとや殖産株式会社にご相談ください。
弊社では、弥富市をはじめ、愛西市や津島市など愛知県・三重県・岐阜県の水回りリフォームに対応が可能です。
また、下水切替工事や給排水工事に関するご依頼にも対応しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

みとや殖産株式会社
〒498-0021
愛知県弥富市鯏浦町車東38番地
TEL:0567-31-9210 FAX:0567-31-9211


関連記事

給排水設備工事のタイミングを知ろう!

給排水設備工事のタイミングを知ろう!

こんにちは! みとや殖産株式会社です。 弊社では、愛知県弥富市に拠点を置き、水道工事や配管工事・水回 …

今日は金曜日✨

今日は金曜日✨

おはようございます☀ 今日は金曜日✨ 華の金曜日ですね💓 …

今日もお疲れ様でした✨

今日もお疲れ様でした✨

  皆さまこんばんは🌃 今日も1日が終わりましたね✨ お仕事 …

お問い合わせ  ご依頼の流れ